学生ローンの過払い金請求できる条件とメリット・デメリットを徹底解説

学生ローンの過払い金請求できる条件とメリット・デメリットを徹底解説

「飲み会が続いて出費が多くなってしまった」
「試験や資格の勉強でアルバイトに入れず生活費が足りなくなってしまった」

といった時に便利な学生ローンは、学生が対象の貸付サービスで、アルバイトで一定の収入があれば誰でも借入することができます。

学生ローンには

  • 通常の借金と異なり審査が厳しくない
  • スピーディーに借りることができる
  • 利用明細が自宅に届かない
  • 親に内緒で借入できる
  • 連帯保証人がいらない

といったメリットがありますので、学生時代に利用したことがある方もいるでしょう。

便利な学生ローンですが、通常のキャッシングやカードローンと同じように借入時期によっては「過払い金」が発生している場合があり、過払い金請求の手続きをおこなうことで過払い金を取り戻すことができます。

そこで今回は、「学生ローンをしていた方の過払い金請求」について詳しく解説します。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

学生を対象にした貸し付けサービス「学生ローン」とは

学生ローンとは、20歳以上の学生を対象としたキャッシングサービスです。
アルバイト等で一定の収入があれば、親の同意を必要とせずにお金を借りることができます。

通常の消費者金融からの借り入れのように、申し込み時には審査がありますが、年収の証明書などを提出する必要はなく、学生証と身分証明(運転免許証や健康保険証など)があれば問題ありません。

審査時には、お金の利用目的を聞かれますが、特に利用用途に制限はなく、学費の補填、必要な教材の購入費用、交際費でも審査は通ることがほとんどです。
ただし、賭博などの不適切と思われる理由の場合は、審査が通らない可能性があります。

学生ローンの特徴

限度額が低い

学生ローンは気軽に利用できますが、借り入れできる限度額は50万円までと低く設定されています。多くの学生の収入源はアルバイトであるため、支払い能力が社会人より少ないとされるためです。

年収の審査が厳しくない

消費者金融からお金を借りる時は、年収について審査があって収入が少ないと支払い能力が低いと判断され、審査に通らないことがあります。

しかし、学生ローンの場合、審査はあるものの年収の証明証を出す必要がなく、審査自体も緩い傾向にあります

利用できるのは20歳以上の学生のみ

学生ローンは学生を対象にしていますが、学生なら誰でも借りられるわけではありません。利用できるのは20歳以上の学生のみと限られています

親に秘密で借り入れができる

学生ローンの対象は成人を迎えている20歳以上の学生です。現在の法律では、学生であっても成人していれば、親の同意がなくてもお金を借りることができます

保証人がいらない

学生ローンを利用する際、保証人を設定する必要はありません。学生ローンは貸し付け限度額が低いため、保証人が必要とされていません。
そのため、親に知られることなくお金を借りることが可能です。

在籍確認がないことも

一般的な消費者金融から借り入れする際は、貸金業者が勤務先に連絡して在籍確認をおこなうことがありますが、学生ローンの場合はバイト先に在籍確認しないことが多いです

また、大学に在籍している学生かどうか確認することもありません。

学生ローンを取り扱っている貸金業者は中小が多い

アコムやプロミス、レイクといった大手消費者金融では、学生ローンを扱っていません。学生ローンを取り扱っている貸金業者は、中小企業であることが多いです。

そのため、知らない名前の貸金業者が多く、初見はヤミ金と疑ってしまう人も多いようです。

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

学生ローンにも過払い金が発生している

払い過ぎた利息である過払い金とは

過払い金とは、簡単にまとめると「違法な金利によって払い過ぎてしまった利息分」のこと を指します

過払い金が発生してしまった理由は「違法な金利」にあります。
本来、本来、貸し付け時の上限金利は利息制限法と呼ばれる法律で最大20%(貸し付け額が100万円以下は15%)までと決まっています。

しかし、2010年までは出資法と呼ばれる別の法律では上限金利が最大29.2%と定められていたことから、利息制限法と出資法という2つの法律の上限金利に差がありました。(利息制限法と出資法の上限金利の差は「グレーゾーン金利」と呼ばれています。)

2010年の出資法の改正まで、多くの貸金業者が出資法を基準に利息制限法の上限金利を超える違法な金利を設定していたため、過払い金が発生しています。

過払い金が発生する条件について詳しくみる
過払い金が発生する条件と請求時に確認すべきポイント

学生ローンに過払い金請求できる条件

過払い金は、利息制限法の上限金利を超える違法な金利で借り入れをおこなっていた場合に発生します。多くの貸金業者が2010年の出資法の改正に伴って、利息制限法の上限金利内へと金利の引き下げをおこなっています。

そのため、 2010以前に学生ローンを利用していた方は、過払い金が発生している可能性があります。具体的には2010年以前に学生ローンを利用していて、借り入れ額が10万円未満で金利が21%以上あった方、借り入れ額が10万円以上100万円未満で金利が19%以上あった方です。

過払い金は完済している借金だけでなく、現在返済中の借金にも発生しますので、 2010年以前に学生ローンを利用して現在も返済している方は過払い金が発生している可能性があります

一方で、2010年以降に学生ローンを利用した方には、過払い金は発生しています。利息制限法内の金利での貸し付けは違法ではないため、過払い金はありません。

主な学生ローン業者

学生ローンを取り扱っている主な貸金業者が以下です。

  • アイシーローン
  • アミーゴ
  • イー・キャンパス
  • カレッヂ
  • キャンパス
  • ニチデン
  • トーエイ
  • ベルエポック
  • ネットライフ
  • フレンド田(でん)
  • ベル(マルイの系列)
  • マルイ (ベルの系列)
  • ラビッツ
  • 友林堂

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

学生ローンの過払い金請求のメリット・デメリットをケース別に紹介

学生ローンでも、社会人向けのクレジットカードのキャッシングやカードローンと同じように、グレーゾーン金利が採用されていました。そのため、学生ローンも過払い金請求の対象となっています。

ですが、学生ローンの過払い金請求をするにあたり「どんなメリットがあるのか」、「過払い金請求をして何かデメリットがあるのではないか」と考えている方もいると思いますので、返済中の場合と完済している場合に分けてメリット・デメリットを紹介します。

今でも学生ローンを返済している場合

今でも学生ローンを返済している場合、どんなメリット・デメリットがあるのか解説します。

デメリット
・債務が残るとブラックリストに載る可能性がある
メリット
・多くの過払い金を取り戻すことができる
・過払い金で借金を0円にできる

メリット

●多くの過払い金を取り戻すことができる
今でも学生ローンを返済している場合、借入期間が長くなっているので、多くの過払い金が発生している場合が多いです。

●過払い金で借金を0円にできる
戻ってきた過払い金で今発生している債務を0円にすることができます。

デメリット

●債務が残るとブラックリストに載る可能性がある
過払い金で借金を0円にできなかった場合、ブラックリストに載ってしまうことがあります。ブラックリストに載ると、借入やクレジットカードの審査に影響が出てしまいます。

しかし、クレジットカードはデビットカードで代用できますし、借入への影響も一定期間を過ぎればなくなります。

返済中の過払い金請求について詳しくみる
返済中の借金に発生している過払い金を請求するメリット・デメリット

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

すでに学生ローンを完済している場合

すでに学生ローンを完済しているという方も過払金が発生しているなら、過払い金請求をおこなうことができます。

デメリット
完済している場合、デメリットはありません。
メリット
・ブラックリストに載ることなく過払い金請求をおこなうことができる

メリット

●ブラックリストに載ることなく過払い金請求をおこなうことができる
学生ローンを完済している場合、ブラックリストに載ることなく過払い金請求をおこなうことができます。

デメリット

完済している場合、デメリットはありません。

完済後の過払い金請求について詳しくみる
完済した借金の過払い金請求はリスク・デメリットなく手続きできる

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求はできるだけ早くおこなう

払いすぎた利息分を取り戻すことができる過払い金請求ですが、いつでもできるわけではありません。過払い金請求ができる期間には期限があります。

最後の取引をおこなって10年が経つと過払い金請求ができない

過払い金請求には期限があります。
過払い金請求ができるのは、最後に取引した日から10年以内となっており、これを過ぎてしまうと過払い金があっても手続きをおこなうことはできません。

具体的には、「最後に返済、または借入をした日から10年が経っているケース」と完済した日から10年が経っているケース」では過払い金請求をおこなうことはできません。

今でも学生ローンの返済を続けている場合、すぐに時効を迎えて過払い金請求ができなくなるということはありません。

しかし、すでに学生ローンを完済している方や返済を長期間延滞している方は、過払い金請求ができなくなる期限が目前に迫っている可能性が高いです。 よって、一刻も早く過払い金請求を始めるべきでしょう。

過払い金の時効について詳しくみる
過払い金請求できる期限と時効を止める方法、10年過ぎても取り戻せる条件

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

過払い金請求ができなくなる期限が迫っている場合

学生ローンを利用していた方の多くは、過払い金請求ができなくなる期限が迫っています。
過払い金請求ができなくなる期限が目前に迫っている場合、一刻も早く過払い金請求をおこなうべきです。

しかし、自分で手続きをおこなうとなると時間がかかったり、手間が発生してしまったりします。
過払い金請求をおこなう場合は自分でおこなうのではなく、専門家に依頼しましょう。

どんな事務所に依頼すると良いか

過払い金請求をする場合、交渉力が重要です。そのため、過払い金請求を得意としている専門家でないと、しっかり過払い金を取り戻せないことがあります。

ですので、過払い金請求を依頼したい場合は、過払い金請求を専門に扱っている専門家に依頼するようにしましょう。

過払い金請求を専門家に依頼することで、
●自分でおこなうよりも多くの過払い金を取り戻すことができる
●手間をかけずに過払い金請求の手続きをすることができる
といったメリットがあります。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

   

過払い金請求の知識

司法書士・弁護士事務所の特徴や費用、評判・口コミ

都道県別過払い金請求に強いオススメの事務所

貸金業者ごと過払い金の返還額・返還期間

債務整理の知識