クレジットカード・カードローンのリボ払いで過払い金請求できる条件、注意点

クレジットカード・カードローンのリボ払いで過払い金請求できる条件、注意点

リボ払い(リボルビング払い)とは、自分で決めた一定の返済額で毎月返済していく支払い方法です。限度額の範囲内であれば、何度キャッシングしたりショッピで商品を購入しても返済額が変わりません。

月々の返済額が抑えることからリボ払いで借り入れをおこなっている方もいると多いかと思いますが、違法な金利でお金を借りていた場合は、リボ払いでも過払い金が発生している可能性があります

リボ払いは利息がかさみやすく、返済期間がながくなるデメリットがありますが、その分過払い金は多くなる傾向にあります

現在、返済中のリボ払いの借金を過払い金で完済できる可能性がありますので、リボ払いの借金に過払い金が発生する条件や過払い金請求するメリット、注意点を確認してみてください。

今回はリボ払いの過払い金請求について詳しく解説します。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

クレジットカードやカードローンのリボ払いで返済していた人にも過払い金が発生する

結論からお伝えしますと、クレジットカードやカードローンの返済方法をリボ払いにしていた場合でも、過払い金が発生している可能性は十分にあります。

過払い金は、利息制限法の上限金利を超える違法な金利によって貸金業者に払い過ぎてしまった利息分です。 基本的に返済方法によって過払い金が発生するかどうかは変わりません。リボ払いで返済していた場合でも、返済回数を決めて分割で返済していた場合でも、金利が利息制限法の上限を超えていたなら過払い金が発生します

リボ払いで返済していた場合は、完済までの期間が長期化しやすい傾向にあります。返済している期間が長いとその分多く利息を支払うことになるので、多くの過払い金が発生している可能性があります

「リボ払いで借金を返済していた」という方は、ぜひ一度司法書士や弁護士へご相談することをオススメします。

クレジットカードの過払い金請求について詳しくみる
クレジットカードの過払い金請求の条件と請求後もカードを使用する方法

リボ払いの仕組み

リボ払いとは、リボルビング払いの略称で、あらかじめ決めた一定の金額で毎月返済していく支払い方法です。毎月5000円ずつ、1万円ずつ返済していくといった具合です。

リボ払いは限度額の範囲ないであれば何度利用しても決めた一定の返済額は変わらず、ポイント特典やキャッシングバックなどのキャンペーンも受けられるため、お得に感じて利用する方が多いです。

ただし、リボ払いには安易に利用すると危険な支払い方法です。なぜなら、限度額内であれば、どんなに利用しても支払う金額が固定されているため、少しでも余裕があれば追加で借り入れをおこなってしまいやすいからです。

さらに、借り入れ額が異なっても返済する金額が一定のため、手数料ばかり支払うことになってなかなか元本が減らず、返済期間が長くもなります。ケースによっては毎月の返済額のほとんどが手数料に充てられている場合もあります

リボ払いは支払いが楽な方法ですが、それ以上に返済が長引いて借金をしている状態から抜け出せなくなるリスクが大きい方法です

もし過払い金が発生していれば、完済もしくは大きく元本を減らすことができますので、リボ払いで借金がなかなか減らないという方は一度過払い金がないか司法書士や弁護士に相談してみてください。

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

リボ払いの借金で過払い金が発生する条件

過払い金は貸金業者に支払い過ぎた利息で、返済方法がリボ払いであっても過払い金は発生します。ただし、全てのリボ払いの借金に過払い金が発生するわけではありません。

リボ払いで過払い金が発生するのは、以下の3つの条件にあてはまる方です。

  1. クレジットカード・カードローンのキャッシングを利用していた
  2. 2010年6月以前にキャッシングで借り入れをしていた
  3. グレーゾーン金利で借り入れをおこなっていた

クレジットカード・カードローンのキャッシングを利用していた

返済方法をリボ払いにしてクレジットカード・カードローンを利用していた場合、過払い金が発生しているのはキャッシング分のみです

クレジットカードには、商品代や飲食代を立て替えることができる「ショッピング」とお金を借りる「キャッシング」の2つの機能があります。 過払い金が発生するのはキャッシングの借金のみで、ショッピングの借金には過払い金が発生しません。

クレジットカードのショッピングは、クレジットカード会社が代金を立て替えるサービスです。法律上は「借金」ではなく「立替金」として扱われるため、発生するのは「利息」ではなく、「手数料」です。ですから、リボ払いであってもクレジットカードのショッピングを利用してできた借金には、支払い過ぎた利息である過払い金が発生しません。

カードローンはキャッシング専用のサービスですので、カードローンを利用してた場合は過払い金が発生している可能性があります。

2010年6月以前にキャッシングで借り入れをしていた

過払い金とは、貸金業者がグレーゾーン金利と呼ばれる違法な金利帯で貸し付けをおこなっていたことが原因で発生している支払い過ぎた利息です。

貸金業者がグレーゾーン金利を設定していた理由でもあった、貸し付け時の上限金利を定める出資法の改正が2010年6月にあったため、法改正以降はグレーゾーン金利での貸付がなくなりました。

そのため、過払い金が発生している借金は、2010年6月以前に貸金業者から借り入れたものです。2010年6月以降に借り入れた借金は、違法な金利帯での借り入れではないので、過払い金が発生することはありません。

また、多くの貸金業者が出資法の法改正に伴って、2007年〜2008年頃にグレーゾーン金利での貸し付けをやめているため、特に2007年〜2008年以前に借り入れた借金に過払い金が発生している可能性が高いです

2007年〜2008年以前にグレーゾーン金利で貸金業者から借入をおこなっていた方や、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンを利用をしていたという方は過払い金が発生している可能性が非常に高いのです。ぜひ専門家にご相談ください。

グレーゾーン金利で借り入れをおこなっていた

2010年6月以前に貸金業者から借り入れをしていた場合でも、貸し付け時の金利を定める利息制限法の上限金利内(15%〜20%)で利息が設定されていたときは過払い金が発生しません。

過払い金は貸金業者が違法な利息で取得したお金であるため、合法である法定利率(上利息制限法の範囲内)で貸し付けでは、過払い金は発生しません。

 過払い金が発生するのは、上限金利法を超える違法な金利帯であるグレーゾーン金利で借り入れをおこなった場合のみです。 2010年6月以前から法定利率で貸し付けをおこなっていた貸金業者もあるため、過払い金が発生する期間に該当している場合は、設定されている金利を確認することが大切です。

過払い金が発生する条件について詳しくみる
過払い金が発生する条件と請求時に確認すべきポイント

過払い金が発生している主なクレジットカード、カードローン

  • オリコカード
  • 旧クオークカード、旧オーエムシーカード、旧CFカード(セディナ)
  • ライフカード
  • ニコスカード、DCカード(三菱UFJニコス)
  • JCBカード
  • イオンカード
  • エポスカード(マルイ)
  • セゾンカード、UCカード(クレディセゾン)
  • アプラスカード
  • マジカルクラブカード(ニッセンGEクレジット)
  • ポケットカード
  • ジャックスカード
  • オリックスクレジット
  • 三井住友VISAカード

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

リボ払いの借金に過払い金が発生している場合は早めに請求する

過払い金には時効がある

過払い金の請求には、「時効」があります。 最後に借入・返済した日から10年が経ってしまうと過払い金請求ができる権利が消滅してしまい、過払い金が取り戻せなくなってしまいます。

過払い金の時効について詳しくみる
過払い金請求できる期限と時効を止める方法、10年過ぎても取り戻せる条件

請求先の貸金業者が倒産すると過払い金が取り戻せなくなる

時効が成立していなくても請求先の貸金業者が倒産してしまうと、過払い金を取り戻すのがむずかしくなります

貸金業者中には、度重なる過払い金の返還によって経営状態が良くない業者もあり、過払い金請求を先延ばしにしたことで、過払い金が少なくなってしまったり、過払い金を取り戻せなくなってしまったりする可能性があるので、早めに手続きをすることが大切です。

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

リボ払いの借金を過払い金請求するメリット・デメリット

完済したリボ払いしていた借金ならデメリットはない

完済していたリボ払いの借金に対する過払い金請求には、デメリットはありません。手続きしたことによって信用情報に傷がつくことはなく、支払い過ぎた利息がまとめて返ってくるだけです。

返済中のリボ払いの借金は過払い金請求することで信用情報が傷つく可能性がある

リボ払いで現在も返済している借金に過払い金請求する際、取り戻した過払い金で残っている借金を完済できなかった場合は、任意整理扱いになってしまうため信用情報に傷がついてしまいます 。(いわゆるブラックリストに載ること) 信用情報に傷がついてしまうと、クレジットカードの新規作成・利用、新たにローンを組むことがむずかしくなってしまいます。

ただ、過払い金を元本の返済に充てることができるので、借金を大きく減らすことは可能です。 また、過払い金で残っている借金を完済できれば、任意整理扱いにならないため、信用情報に傷がつくことはありません。手続き後のクレジットカードの新規作成・利用やローンを新たに組むことは可能です。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

リボ払いで返済していた人が過払い金請求をするときの注意点

請求したクレジットカード・カードローンは解約になる

基本的に過払い金請求したクレジットカードやカードローンは解約になります 。 ただし、信用情報に傷が付いていなければ、ほかの貸金業者のクレジットカードやカードローンを利用することは可能ですので、さほどデメリットに感じることはありません。

クレジットカードのショッピング枠に残高があると信用情報に傷がつく可能性がある(ブラックリストにのる)

ショッピング機能のあるクレジットカードに過払い金請求する場合は、事前にショッピング残高が残っていないか確認しましょう。 過払い金請求したクレジットカードは解約になるため、ショッピング残高があるとその支払いに過払い金が充てられてしまい、過払い金で完済できなかった場合は任意整理扱いになって信用情報に傷が付いてしまいます

ショッピングの借金を完済するか、過払い金で完済できるまで借金を減らせれば、信用情報に傷が付くことはありませんので、事前にショッピング残高を確認するようにしましょう。

リボ払いの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリット

過払い金請求は自分でもおこなうことができますが、「過払い金が思ったよりも返還されない」「手間がかかる」「家族にバレやすい」といったデメリットがあります。 しかし、司法書士や弁護士に依頼すれば、デメリットを抑えて過払い金請求することが可能です。

多くの過払い金を回収することができる

自分で過払い金請求をおこなう場合、知識と経験がないために、貸金業者との交渉時に足元を見られやすく、低い返還額で和解を提案されたり、わざと交渉を長引されたりすることがあります

しかし、司法書士や弁護士に依頼すれば、貸金業者の対応に関するノウハウや過払い金請求の経験を豊富にあるため、貸金業者の交渉を有利に進めることができ、自分で手続きするよりも多くの過払い金を回収可能です

全ての手続きを任せることができる

過払い金請求では、過払い金の引き直し計算や貸金業者との交渉などをおこなう必要があります。これらをすべて自分でおこなうと、膨大な時間と労力がかかります。

しかし、司法書士や弁護士に依頼すれば全ての手続きを一任することができるため、普段の生活を過ごしながら過払い金を取り戻すことができます

家族に知られることなく手続きできる

過払い金請求を自分でおこなうと、貸金業者と直接やりとりすることになり家族に知られてしまう可能性が高まります。 司法書士や弁護士に依頼すれば、貸金業者からの連絡が全て依頼した事務所にいくため、家族にバレることなく過払い金請求をおこなうことができます

返済や督促を一時的に止めることができる

現在もリボ払いで返済している借金に対する過払い金請求を自分でおこなう場合、貸金業者と話し合いで交渉している最中も返済や督促が続きます。

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼すれば、依頼した時点から過払い金請求の手続きが終わるまで、返済や督促を一時的止めることが可能です

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

リボ払いで返済していた方はまずが相談してください

2010年6月以前に借り入れしていれば、リボ払いで返済していても過払い金が発生している可能性があるので、心当たりがある方は過払い金の調査をおこなってください

リボ払いは仕組み上、返済が長期化しやすいため過払い金が多く発生する傾向があります。元本がなかなか減らなくて現在も返済している場合、過払い金で完済できる可能性がありますので、司法書士や弁護士に相談してみてください。

過去にリボ払いで返済していた借金がある場合も過払い金が発生しますが、完済日から10年経ってしまうと時効で過払い金請求できなくなるため、早急に過払い金がないか調べることが大切です。

過払い金請求の実績が豊富な司法書士や弁護士に依頼すれば、迅速に多くの過払い金を取り戻すことが可能です。デメリットや手続き後の影響などが気になる場合は、無料相談を活用して不安な部分を質問してみてください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

   

過払い金請求の知識

司法書士・弁護士事務所の特徴や費用、評判・口コミ

都道県別過払い金請求に強いオススメの事務所

貸金業者ごと過払い金の返還額・返還期間

債務整理の知識