【2020最新】JCBの過払い金請求条件とデメリット、返還率、期間

【2020最新】JCBの過払い金請求条件とデメリット、返還率、期間

JCBは、会員数が世界で1億人以上を誇る、日本の代表的なクレジットカード会社です。VISAやマスターカード、アメリカンエクスプレスなどと合わせて、世界6大ブランドと言われています。

2007年6月16日より前にJCB(株式会社ジェーシービー)自体が発行するクレジットカードでキャッシングしていた方は、過払い金が発生している可能性が高いです

過払い金は貸金業者が違法な金利で貸し付けしていたことが理由で発生しているお金です。JCBは2007年の6月16日まで27.8%と、上限金利を定める利息制限法を超える金利で貸し付けていたため、過払い金請求することができます

今回はJCBから過払い金請求をしてどのくらい過払い金を取り戻すことができるのか、返還までの期間はどのくらいか、手続きにデメリット・リスクはないか、詳しく解説します。

過払い金請求・債務整理に強いおすすめの事務所を探している方はこちら

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

JCBに過払い金請求できる条件

過払い金請求は、貸金業者に支払いすぎた利息である「過払い金」を取り戻す手続きです。

過払い金は、貸金業者が違法な金利で貸し付けていたことが理由で発生するお金です。 具体的には貸し付け時の金利を定めている「利息制限法」の上限金利である20%を超える金利帯でお金を借りていた場合に発生します

過払い金が発生する条件について詳しくみる
過払い金が発生する条件と請求時に確認すべきポイント

JCBは、2007年6月16日まで最大で27.8%の高金利で貸し付けていました。利息制限法の上限金利は借入額によって変動し、10万円未満の場合20%、100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%ですので、7.8~12.8%の利息分を払いすぎている可能性があります。

ただし、該当期間中にJCBのクレジットカードを使用していた全ての人に過払い金が発生するわけではありません。JCBで過払い金が発生しているのは、キャッシングの一括払いを利用していた方のみです

リボルビング契約、いわゆるリボ払いでの借り入れだった場合は、もともと利息制限法内の金利で貸し付けていたため、過払い金が発生しません。
また、ショッピングの利用分に関しても過払い金は発生しません。ショッピングは法律上、借金ではなく立替金になるので、発生するのは利息ではなく手数料です。そのため、過払いにはなりません。

クレジットカードの過払い金請求について詳しくみる
クレジットカードの過払い金請求の条件と請求後もカードを使用する方法
リボ払いのクレジットカードの過払い金請求について詳しくみる
クレジットカード・カードローンのリボ払いで過払い金請求できる条件、注意点

JCBカードの種類と過払い金請求先の違い

JCBのクレジットカードには、下記の2つのパターンがあります。

  1. 株式会社ジェーシービー(JCB)が発行するクレジットカード(以下、JCBカードといいます。)
  2. 株式会社ジェーシービー以外のクレジットカード会社が発行するJCBブランドのライセンスを使用したクレジットカード(以下、JCBブランドカードといいます)

このページで説明しているのは①のJCB本体が発行しているJCBカードの過払い金請求についてです。他社が発行している②のJCBブランドカードにも過払い金が発生している可能性はありますが、請求先が異なります

①のJCBカードに対して過払い金請求をおこなう場合は、JCBに対して手続きをおこないます。 ②の他社がJCBブランドカードに過払い金が発生している場合は、JCBではなく、そのカードを発行しているクレジットカード会社に請求することになります。

JCB本体が発行しているJCBカードなのか、他社が発行しているJCBブランドカードなのか、パッと見ではわかりにくいですが、カードの裏面に発行元の会社名が記載されていますので、そこを確認して判断するようにしてください。

JCBから過払い金が発生しているか調べる方法

JCBカードに過払い金が発生しているかどうかは、取引履歴を取り寄せて利息の引き直し計算をすることで確認できます

取引履歴とは、貸金業者と「いつ・いくら借りたのか・どのくらいの利率で返済したのか」を記載した取引履歴がわかる書類です。
貸金業者に問い合わせることで取り寄せることができます。

JCBカードの取引履歴を取り寄せる場合は、JCBに直接電話をして、取引履歴を欲しいことを伝えてください。

JCBから取引履歴を取り寄せる
JCBの取引履歴についてのページ 電話番号:011-271-6417
※詳しくは直接JCBにお問い合わせください

取引履歴を取り寄せたら、利息の引きなおし計算をおこなって、過払い金を算出していきます。

引き直し計算は複雑な計算方法のため、初めての方がおこなう場合は間違えやすいです。引き直し計算を間違えると、過払い金の金額が実際より少なくないと勘違いしてしまったり、そもそも過払い金が発生していないと思ってしまったりする可能性があります

インターネット上で無料配布されている引き直し計算ツールを利用すれば自分で計算することもできますが、確実ではありません。
リスクを考えると司法書士や弁護士に依頼することが、1番リスクなく過払い金を算出できます。事務所によっては無料で調査してくれるところもあるので、まずは司法書士・弁護士事務所に相談するのが良いでしょう。

過払い金の引き直し計算について詳しくみる
過払い金がわかる利息引き直し計算の方法・無料ソフト、計算が複雑になるケース

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

JCBの過払い金の返還率と返還されるまでの期間

過払い金の返還率と返還されるまでの期間は、話し合いで交渉する方法と裁判をして請求する方法によって異なります。

JCBと話し合いで交渉した場合の過払い金の返還率と返還されるまでの期間

話し合いで交渉した場合の目安
返還率:約60%~80%
返還期間:約3ヶ月~

貸金業者と直接話し合って交渉し、過払い金を取り戻す方法です。話し合いで交渉する場合は裁判を起こして請求する方法より過払い金の返還率は少なくなりますが、その分早く過払い金を取り戻すことが可能です

※数字は目安です。司法書士・弁護士事務所によって具体的な金額と期間は異なりますので、詳細は各事務所にお問い合わせして確認してください。

裁判をおこしてJCBに請求する場合の過払い金の返還率・返還期間

裁判を起こした場合の目安
返還率:約70%~100%
返還期間:約4ヶ月~

裁判所に申し立てて過払い金を取り戻す方法です。話し合いの交渉で和解できなかった場合や少しでも多くの過払い金を回収したい場合に、裁判を起こします。

話し合いで交渉する方法より過払い金を取り戻すまでの期間は長くなりますが、満額近く過払い金を回収できたり、年5%の過払い金の利息も請求したりすることができます

※数字は目安です。司法書士・弁護士事務所によって具体的な金額と期間は異なりますので、詳細は各事務所にお問い合わせして確認してください。

JCBの過払い金請求への対応

JCBは、世界に誇る日本のクレジットカード会社で、企業母体も大きいため、J過払い金請求に対して比較的良好な対応です
話し合いでの交渉で8割近く回収でき、裁判を起こせば満額取り戻せる可能性も高いです。過払い金の返還期間も短い傾向にあります。

過払い金請求に対する貸金業者の対応は、交渉をおこなう相手によって変化することがあります。過払い金請求の実績や経験が少ないところに依頼してしまうと、上記の目安の数字より時間がかかったうえに、思っていたより過払い金を取り戻せない可能性がありますので、過払い金請求に強い司法書士・弁護士事務所に依頼するのがおすすめです。

東京都で過払い金請求に強い事務所を詳しくみる
【最新】東京都で過払い金請求に強いオススメの事務所12選、口コミ・評判まとめ
大阪府で過払い金請求に強い事務所を詳しくみる
【最新】大阪府で過払い金請求に強いオススメの事務所10選、口コミ・評判まとめ

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

JCBに過払い金請求するデメリット・メリット

JCBに過払い金請求するデメリット・メリットは、完済しているのか、返済中であるのかによって異なります。

完済後のJCBの借金に過払い金請求するデメリット・メリット

完済後のJCBの借金に過払い金請求するデメリット

基本的には、JCBカードの完済している借金に過払い金請求するデメリットはありません
クレジットカードの過払い金請求では、請求先のクレジットカードが解約になるため、JCBに過払い金請求するとJCBカードが使えなくなりますが、他社が発行しているクレジットカードは問題なく使用できますので、さほど影響ないでしょう。

過払い金請求後にJCBカードを再び作成したい合は、改めてカード発行の申し込みをおこない審査を受けることになります。再発行できるかどうかは、過去の利用状況や支払い状況にもよりますが、再契約できる可能性はあります。

完済後のJCBの借金に過払い金請求するメリット

JCBに払い過ぎていた利息である過払い金を取り戻すことができます。取り戻した過払い金の使い道は自由ですので、趣味に使用したり貯蓄に回したりすることも可能です。

過払い金は、貸金業者が違法な金利で貸し付けをおこなっていたことが原因で発生しているお金で、法的に取り戻すことが認められています。過払い金が発生している場合は、取り戻さない理由がありません。

完済後の過払い金請求について詳しくみる
完済した借金の過払い金請求はリスク・デメリットなく手続きできる

返済中のJCBの借金に過払い金請求するデメリット・メリット

返済中のJCBの借金に過払い金請求するデメリット

JCBに返済中の借金に過払い金請求する場合は、取り戻した過払い金で残っている借金を完済できるかどうかで、デメリットが異なります。

過払い金請求したクレジットカードは解約されるため、回収した過払い金で残っている返済分を完済できなかった場合は、任意整理することになって、ブラックリストに載ります。(個人信用情報機関に金融事故をおこした情報が掲載される状態)

任意整理をしたブラックリストに載ると、完済してから5年ほど経つまでは、クレジットカードの使用・新規発行、ローンなどの新規借り入れが難しくなります。

一方で、取り戻した過払い金で残りの返済分を完済できた場合は、クレジットカードは解約になりますが、任意整理する必要がなくブラックリストに載ることはありません
手続き後であれば、クレジットカードの使用・新規発行、ローンなどの借り入れをおこなうことができます。

債務整理後のブラックリストよる影響について詳しくみる
債務整理した時に発生するブラックリストによる生活への影響と対処法

返済中のJCBの借金に過払い金請求するメリット

JCBの返済中の借金に過払い金請求するメリットは、取り戻した過払い金を返済に充てることができ、借金を減らせることができることです
もし残っている返済分より過払い金の方が多ければ、完済できるうえに手元にはお金が残ります。

回収した過払い金で完済できない場合は、任意整理することになりブラックリストに載りますが、元金を減らしたり利息をカットしたりでき、毎月の返済を楽にすることができます。

ブラックリストに載ること自体はデメリットではありますが、過払い金を取り戻すことで借金を減らせるので、返済中の過払い金請求であってもメリットの方が大きいことが多いです。

返済中の過払い金請求について詳しくみる
返済中の借金に発生している過払い金を請求するメリット・デメリット

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

自分でJCBに過払い金請求するメリット・デメリット

JCBの過払い金請求は自分でもおこなうことができますが、デメリットも存在します。

自分でJCBに過払い金請求するデメリット・メリット

デメリット
・過払い金の調査から貸金業者との交渉まで、全て自分でおこなわなければいけない。多くの時間と労力が必要になる
・貸金業者に足元を見られやすく、対等な交渉ができないために取り戻せる過払い金が減ってしまう可能性がある
・JCBや裁判所と直接交渉したり連絡をとったりする必要があるので、自宅にいる家族にバレやすくなる
・返済中のJCBの借金に過払い金請求するとき、交渉中であっても裁判をおこすまでは督促や返済を止めることができない
メリット
・自分でおこなうため司法書士や弁護士の依頼費用がかからない

司法書士・弁護士に依頼してJCBに過払い金請求するデメリット・メリット

デメリット
・司法書士や弁護士の依頼費用が発生
メリット
・JCBの過払い金請求の手続きを全て任せることができる
・自分で過払い金請求するよりも多くの過払い金を回収できる
・JCBや裁判所からの連絡が全て司法書士や弁護士にいくので、家族にバレにくい
・返済中のJCBの過払い金請求であった場合は、司法書士や弁護士に依頼することで督促や返済を止めることができる

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

JCBに過払い金請求する流れ

  • STEP1:JCBから取引履歴を取り寄せる

  • STEP2:取引履歴をもとに引き直し計算をおこなう

  • TEP3:JCBへ過払い金返還請求書を送付する

  • STEP4:話し合いによる交渉

  • STEP5:話し合いで和解できなかった場合は裁判をおこす

  • STEP6:JCBから過払い金が返還される

1.JCBから取引履歴を取り寄せる

JCBから過払い金がいくら発生しているか調べるためには、取引履歴を取り寄せる必要があります。

JCBの取引履歴は自分でJCBに問い合わせて取り寄せることもできますが、司法書士や弁護士に依頼すれば、取引履歴を取り寄せるところから過払い金の調査を代行してくれます。

自分で取引履歴を取り寄せる時の注意点

JCBの取引履歴を自分で取り寄せるときは、取り寄せる目的に注意してください。誤って「過払い金請求するため」と伝えてしまうと、残っている借金を0円にするので過払い金請求を取り下げて欲しいというゼロ和解を提示されたり、JCBに有利な和解案を持ちかけられたりして、取り返す過払い金が少なくなってしまう可能性があります。

取引履歴を取り寄せる目的を聞かれたときは、「取り引き内容を見直したい」という理由を述べるのがよいでしょう

2.取引履歴をもとに引き直し計算をおこなう

取引履歴が届いたら、引き直し計算をおこなって過払い金を調べます。

自分で調査する場合は、インターネットから無料でダウンロードできる引き直し計算ソフトを使うのがよいです。 ただし、計算を間違えると過払い金が少なくなったり、取り戻せなくなったりする可能性がありますので、慎重におこなうようにしましょう。

司法書士や弁護士に相談すれば、引き直し計算もやってもらえるので、リスクを抑えて正確に過払い金を知ることができます。

3.JCBへ過払い金返還請求書を送付する

発生している過払い金がわかったら、過払い金を取り戻す意思を伝える「過払い金返還請求書」作成してJCBに送ります。

JCBに過払い金返還請求書を送付する際は、過払い金請求した証拠を確実に残すために、内容証明郵便と呼ばれる郵便局が「いつ・誰に・どのような内容を送ったのか」証明してくれるサービスを利用して送ります

4.話し合いによる交渉

JCBに過払い金返還請求書を送くったら、JCBの担当者と話し合いによる交渉をおこないます。過払い金の返還額や返還期間について提示されるので、納得できる内容であれば、合意してあとは入金を待つだけになります

司法書士や弁護士に依頼すれば、有利に交渉を進めることが可能です。

5.話し合いで和解できなかった場合は裁判をおこす

話し合いによる交渉で納得できなかった場合は、裁判をおこして過払い金を請求します。

裁判を起こすときに手続きが必要であることと、判決までに時間がかかることから、話し合いで解決するときよりも過払い金を取り戻すまでの期間が長くなります。 自分で裁判を起こす場合は、平日に裁判所に出廷しなければいけない可能性もあります。

裁判を起こしてからも、JCB側から和解案を提示されることがあります。提案内容に満足できれば、判決を待たずにそこで合意することも可能です。 提示された和解案にも納得できなかった場合は、そのまま裁判をおこない判決が下されるのを待ちます。

裁判を起こして過払い金請求について詳しくみる
裁判で過払い金を解決する際に訴訟までの流れ・期間・費用とは?

6.JCBから過払い金が返還される

話し合いか裁判のどちらかの方法でJCBと和解できたら、あとはJCBから指定した口座に過払い金が入金されるのを待つだけです。

司法書士や弁護士に手続きを依頼した場合は、一度事務所が指定した口座にJCBから過払い金が入金されます。その後、依頼費用を引いたのちに、依頼者が指定した口座に過払い金が振り込まれます。

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

JCBに過払い金請求するときの注意点

JCBカードのショッピング枠に残高があるか確認

クレジットカードに過払い金請求する場合は、請求対象のクレジットカードは解約になります。

JCBカードだけでなく、一般的にクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2つの機能がありますが、過払い金請求時にショッピング枠の残高がある場合は、過払い金がショッピング枠の返済に充てられてしまいます。

過払い金でショッピング枠の残高を完済できない場合、任意整理することになって、ブラックリストに載ってしまいます
そのため、JCBカードの過払い金請求をおこなう場合は、事前にショッピング枠の残高がないか、もしくは過払い金で完済できる金額か、確認することが大切です。

JCBカードは解約になるので自動引き落としになっていないか確認

過払い金請求したクレジットカードは、解約になるため、光熱費・水道代などの公共料金や携帯電話などの通信費の引き落としに JCBカードを使用している場合は、事前に引き落とし方法を変更する必要があります

リボ払いの場合は発行元のクレジットカード会社を確認

JCBカードに過払い金が発生しているケースは、キャッシングの一括返済をしていた場合のみです。リボ払いで借り入れしていた場合は、利息制限法内の金利で借りているため、過払い金は発生しません。

ただし、JCB本体ではなく他のクレジットカード会社がJCBのライセンスを使用して発行している JCBブランドカードの場合は、リボ払いであっても過払い金が発生している可能性があります

例えば、イオンカード、三菱UFFニコス、クレディセゾン、オリコ(オリエントコーポレーション)、セディナなどのクレジットカード会社が発行しているJCBブランドカードの場合です。

過払い金は、利息制限法の上限金利を超えていれば、返済方法に関係なく発生します。そのため、リボ払いで利息制限法を超える金利で借り入れていた場合は、過払い金請求することができます

もしJCBマークのあるクレジットカードでリボ払いで返済していた場合は、まずカード裏面の発行元の会社を見て、その会社のクレジットカードで過払い金が発生しているか確認してみてください。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

JCBの過払い金が取り戻せなくなる可能性

JCBとの最後の取引から10年経つと時効が成立する

過払い金には時効が存在します。過払い金の時効は、最後の取引から10年間ですので、最後の返済もしくは借り入れから10年経つと、過払い金が発生していても取り戻せなくなります

JCBの完済している借金に過払い金が発生している場合、最後の完済日から刻々と時効に向かって進んでいます。過払い金が発生しているかわかっていなくても、10年経ってしまうと時効は成立するため、過去にJCBから借り入れしていた方はすぐに過払い金調査するようにしましょう。

完済日がわからない場合は、調べたうえで過払い金調査できますので、まずは司法書士や弁護士に相談してみてください。

過払い金の時効について詳しくみる
過払い金請求できる期限と時効を止める方法、10年過ぎても取り戻せる条件

JCBが倒産すると過払い金が取り戻せなくなる

時効だけでなく、JCBが倒産してしまうと過払い金を取り戻せなくなる可能性が高いです

貸金業者が倒産した場合は配当金という形で過払い金を回収できますが、経営続行がむずかしくて倒産していることもあって、倒産した会社にお金が潤沢に残っていることはほとんどありません。

そのため、発生している過払い金全額を取り戻すことはほとんどできず、取り戻せてもわずか数%となるケースが多いです。

JCBは世界有数のクレジットカード会社なので、今すぐに倒産することは考えにくいですが、新型コロナウィルスが流行して世界的有数の企業が相次いで倒産したように、いつ何が起こるかわかりません。

早く動いて損することはありませんので、過去にJCBから借り入れをおこなっていて、過払い金の心当たりがある方は、司法書士や弁護士に相談して過払い金の調査をおこなうことをおすすめします。

倒産した貸金業者からの過払い金請求する方法について詳しくみる
倒産・合併した貸金業者から過払い金請求できるケースと返還額

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

JCBの会社概要

JCB(株式会社ジェーシービー)は、日本のクレジットカード会社のパイオニア的な存在です。VISA、マスターカード(Mastercard)、アメリカンエクスプレス(American Express)、ダイナーズクラブ(Diners Club)、中国銀聯(ユニオンペイ)と並んで、クレジットカードの世界6大ブランドの1つに数えられています。

JCBは国内会員数No.1だけでなく、国際ブランドのクレジットカードとして世界第5位のシェアを誇ります。国際的に有名なクレジットカード会社のほとんどがアメリカ企業である中でこの順位ですので、JCBの存在は日本のクレジットカード会社でかなり大きなウェイトを占めています。

JCBのクレジットカードは、JCB本体が発行しているJCBカードだけでなく、JCBのライセンスを使用して他のクレジットカード会社が発行しているJCBブランドカードの2種類があります。どちらか見極める方法には、カードの裏面に記載されている発行元の会社を確認しましょう。

JCBはクレジットカード事業以外にも金券類発行事業をおこなっていて、「JCBギフトカード」や「JCB QUOカード」の発券をしています。

商号: 株式会社ジェーシービー
本社所在地: 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
資本金: 106億1,610万円
設立日: 1961年1月25日
事業内容: クレジットカード業務、クレジットカード業務に関する各種受託業務、融資業務、信用保証業務、集金代行業務、前払式支払手段の発行ならびに販売業およびその代行業

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

   

過払い金請求の知識

司法書士・弁護士事務所の特徴や費用、評判・口コミ

都道県別過払い金請求に強いオススメの事務所

貸金業者ごと過払い金の返還額・返還期間

債務整理の知識