過払い金を自分で請求する前に確認したいメリット・デメリット

過払い金を自分で請求する前に確認したいメリット・デメリット

過払い金請求は、違法な金利によって払い過ぎてしまったお金の返還を求める請求です。 過払い金の返還を求めることで借金を軽くしたり、払い過ぎていたお金を取り戻したりして今後の生活に役立てることができます。 そこで多くの人が気になるのが過払い金請求の方法ではないでしょうか。

過払い金請求には、一般的に「専門家に依頼して過払い金請求をおこなう方法」「自分で手続きをしておこなう方法」の2種類があります。

過払い金請求は自分でおこなうこともできますが、デメリットも多く存在します。

今回は自分で過払い金請求をおこなうための方法とメリット・デメリットを紹介します。

過払い金請求を自分でおこなう時の手続きの流れ

まずは、過払い金請求を自分でおこなう時、どういった流れでおこなわれるのか解説します。

①「取引履歴」を取り寄せて過払い金の金額を調べる

「取引履歴」とは、貸金業者と借主との取引日時や借入・返済金額、貸付契約の年月日などが詳細に書かれている記録です。 取引履歴は電話やFAX、インターネット、貸金業者の窓口から申し込むことができます。

取引履歴を取り寄せたら、過払い金がどのくらいあるのか引き直し計算を行います。 過払い金の金額を計算する際は、無料ダウンロードできる計算ソフトを活用するとスムーズに計算することができます。

②過払い金返還請求書を貸金業者に送付

過払い金がどれくらい発生しているのか計算できたら、「過払い金返還請求書」というものを貸金業者に送付します。

「過払い金返還請求書」とは、「過払い金を返してください」と貸金業者に通告する書類です。過払い金返還請求書を送ることで、時効が一時的にストップするという効果もあります。

過払い金返還請求書のテンプレートはネットからダウンロードすることができます。テンプレートを活用することでスムーズに書類を作成できます。 過払い金返還請求書が完成したら、内容証明郵便で貸金業者に送付します。

過払い金返還請求書に必要なこと

過払い金返還請求書には必ず必要な項目があります。

  • 「過払い金返還請求書」であることを明記する
  • 請求先の貸金業者の住所、名前、社長の名前を記載
  • 取引が行われた期間や過払い金の金額、口座番号を記入
  • 自分の住所と名前、捺印

これら4つの項目は漏れがないよう、送付前にきちんと確認しましょう。

送付の際は「内容証明郵便」を活用する

貸金業者の中には過払い金返還請求書を送付したのにも関わらず「送られてきていない」と主張する貸金業者もいます。

貸金業者へ過払い金返還請求書を送付した事実を主張するために、必ず内容証明郵便を利用するようにしましょう。内容証明郵便を利用することで、第三者に書類を送付したという事実を証明してもらうことができます。 なお、内容証明郵便を利用した際の受領書などは必ず保管しておくようにしてください。

③過払い金請求の交渉を始める

過払い金返還請求書を送っても過払い金返還の交渉が始まるわけではありません。まず、貸金業者と連絡をとる必要があります。貸金業者と連絡が取れたら和解交渉を始めていきます。電話でも交渉できます。

和解交渉では、

  • 支払われる過払い金額
  • 支払い方法
  • 支払い期限

などを話し合います。

「うまく交渉できるか不安」という場合や交渉がなかなか進めない場合は、無理に自分で行おうとせず専門家に依頼しましょう。

もし過払い金返還を拒否されたら裁判の必要がある

貸金業者に過払い金の支払いを拒否された場合、裁判を行います。

その際、

  1. 取引履歴書
  2. 引き直し計算書
  3. 過払い金返還請求書
  4. 訴状

の4つの書類がそれぞれ3部ずつ必要になります。

この他、手数料納付書という書類が必要です。 各書類は自分で作成する方法と、司法書士に作成してもらう方法があります。

過払い金請求の訴訟の相手方は法人なので、
代表者事項証明書商業登記簿記謄本
が必要になります。こちらは法務省に行って発行してもらう必要があります。

書類を全て提出できたら、指定された日時に裁判所へ出向いて裁判を行います。

④過払い金が返還される

裁判や和解交渉が終わると過払い金がいよいよ返還されます。しかし、決着がついたのにも関わらず過払い金をなかなか返還しない業者もあります。 もし、和解交渉が成立したのになかなか過払い金が返還されない場合は、強制執行の手続きで過払い金を回収することができます。

自分で過払い金請求をするメリットとは?

自分で過払い金請求をする方法の最大のメリットは、「過払い金請求にかかる費用が抑えられる」という点です。

過払い金請求を専門家に依頼した時、過払い金を取り戻した時の成功報酬や借金を過払い金で減額した時の減額報酬、相談料や着手金が必要になります。

自分で行う場合、こういった費用を払う必要がありません。そのため、過払い金請求にかかる費用を大幅に抑えることができます。

過払い金請求を自分でおこなった時のデメリット

一方でデメリットもあります。

手続きが複雑で時間がかかる

過払い金請求を行う時は、過払い金に対する法的な知識が必要になります。そのため、手続きに戸惑ってうまく進められなかったり、時間がかかってしまったりすることがデメリットとして挙げられます。

手間がかかる

過払い金請求では、手続きも書類の作成も全て自分で行わなければなりません。 過払い金返還請求書や訴訟状といった裁判所に提出する書類も自分で調べながら作成する必要があります。形式通りに漏れがないよう作成することが重要なので、その分手間がかります。

貸金業者から足元を見られやすい

専門家が和解交渉を行う時は、ほとんどの貸金業者は迅速に対応してくれます。 しかし、専門家に依頼せずに自分で過払い金請求を行う場合は、貸金業者から足元を見られて交渉を長引かせられたり、低い和解金額を提示されたりすることが多いです。

例えば、「実際計算したら少ない金額しか発生していなかった」100万の過払い金があるのに「50万円で和解しませんか」といったようなことを提示してくる場合があります。

実際、50万以上過払い金が発生している可能性があったのに、 5〜6万円くらいで和解に納得してしまったという方もいらっしゃいます。

家族にばれてしまう可能性が高い

過払い金請求を自分で行うと、貸金業者や裁判所からの書類が家に届いたり、自宅に電話がかかってきたりします。そのため、家族にばれてしまう可能性が非常に高いです。

貸金業者や裁判所からの通達をうまく隠しても、書類作成をしているところを見られてしまいばれてしまう方もいるようです。

自分で過払い金請求を行う場合、家族にばれずに行うのはとても難しいでしょう。家族にばれてしまうと、 家庭内がトラブルの元となってしまうことが多いようです。

自分でおこなうのが難しい時は専門家に依頼する

費用を抑えられる一方で、過払い金請求を自分で行うと色々なデメリットが発生してしまいます。

もし、上記のようなデメリットを防ぎたい場合や「自分で行うのは難しそう」と感じている方は専門家に依頼するのがおすすめです。 難しい書類作成や手続きも全て専門家が担うので、自分の手間と時間をかけずに過払い金請求を行うことができます。

また、貸金業者との交渉も専門家が行うので、足元を見られにくく希望の金額に近い形で和解することが可能です。 専門家が窓口になるので、家族にばれる心配もありません。

「過払い金請求を自分でできそうにない」
「デメリットを少なくしたい」 と感じている方は、ぜひ専門家に相談してください。

過払い金請求を依頼する専門家の選び方

過払い金請求を自分で行わず専門家に依頼する際、チェックすべき3つの項目があります。

1つ目が過払い金請求の実績が豊富かどうか」です。 過払い金請求の実績が豊富な事務所には、それだけ高い交渉力と経験値が備わっています。そのため、比較的多くの過払い金を取り戻すことが可能です。 まずは、その事務所がこれまでどのくらい過払い金を取り戻してきたかチェックしましょう。

2つ目が「費用が払いやすいかどうか」です。 専門家へ依頼する時ネックになるのが過払い金請求にかかる費用です。相場より高い費用を設定していないか確認しましょう。過払い金請求を行なっている事務所の中には、相談料や着手金が無料となっている事務所も存在します。また、分割払いに対応している事務所やできるだけ依頼者の負担を減らすため、低めの費用が設定されている事務所があります。そういった事務所を重点的に選ぶと良いです。

3つ目が「口コミによる評価」です。 口コミは実際にその事務所を依頼した人が書いています。依頼者に対する対応や実際どれくらい過払い金を取り戻したのかなど、その事務所を利用した人にしか分からない情報が書かれていることがあります。口コミサイトや評価サイトなので事務所の評判などを確認しておくと、より親身に対応してくれる事務所に依頼できる可能性が高くなります。

事務所選びに欠かせない過払い金請求の費用や報酬相場について詳しく知りたい方はこちら

まとめ

自分で過払い金請求を行う方法には、費用がかからないメリットがあります。

一方でそれ以上に、

  • 手続きが複雑で時間がかかる
  • 手間がかかる
  • 貸金業者から足元を見られやすい
  • 家族にばれてしまう可能性が高い

といったデメリットも発生します。

そのため、実際は自分でやるよりも専門家に依頼した方がスムーズに進む場合が多いです。専門家に依頼する時は、 「過払い金請求の実績が豊富かどうか」「費用が払いやすいかどうか」 「口コミによる評価」をチェックすると実績のある良い事務所に依頼できるでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事