過払い金請求でカーローンや住宅ローンが組めないのか徹底解説

過払い金請求でカーローンや住宅ローンが組めないのか徹底解説

過払い金請求は払い過ぎたお金を取り戻すことができますが、同時にデメリットも発生することがあります。

その1つがローンに関する問題です。
過払い金請求を考えている人の中には、「過払い金請求をすることでローンが組めなくなってしまうのではないか」と考えている方もいると思います。結論から言えば、基本的に過払い金請求をしてもローンを組むことはできます。
ただし、借金の状況や過払い金の金額によっては、過払い金請求をしたことでブラックリストに登録されてしまうことがあり、結果的にローンが組めない場合があります。

今回はどういった場合にローンに影響するのか、どういった場合にブラックリストに載ってしまうのか解説していきます。

ローンが組めるかどうかは個人の「信用情報」による

信用情報機関とは

信用情報機関とは、個人の信用情報を確認するための機関のことを指しています。信用情報機関には、返済能力があるかどうか・金融事故の情報がないかどうかが登録されています。

今まで問題なく支払いや返済をおこなっていれば、事故情報が登録されることはありません。しかし、返済や支払いでトラブルがあった場合は、「返済能力に問題がある」として情報が登録されます。

日本の3つの信用情報機関

日本には3つの信用情報機関があります。

  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)
  • JBAは、銀行や信用金庫などの金融機関が加盟しています。
    銀行のカードローンを申し込む際に活用されます。

  • CIC(株式会社シーアイシー)
  • CICは、クレジットカード会社や信販会社、消費者金融などが加盟しています。
    主に消費者ローンやクレジットカード事業をおこなっている業者が活用しています。
    3つの信用情報機関の中ではもっとも信用情報の量が多い機関です。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • JICCは、消費者金融や保証会社、クレジットカード会社、信販会社、金融機関、リースなどの会社が加盟しています。
    種類にかかわらず多くの金融機関が加盟しています。

金融事故情報が信用情報機関に登録される期間

ローンやクレジットカードの返済を延滞したり、任意整理や自己破産などをおこなうと、事故情報が信用情報機関に登録されます。

信用情報機関に事故情報が登録される期間は、

  • 金融機関から強制解約を受けた場合、最長5年間
  • 保証会社が残りを返済する場合、最長5年間
  • 任意整理の場合、最長5年間
  • 自己破産の場合、最長10年間
  • 審査に落ちて多重申し込みをしてしまった場合、最長半年間

となっています。

ローンの審査に「信用情報機関」が活用される

カーローンや住宅ローンを組む時、「支払い能力があるのかどうか」の審査がおこなわれます。その際に、信用情報機関で情報を確認し、ローンを組んで問題ないかチェックします。

この時、信用情報機関に事故情報が登録されているとローンを組むことができません。 つまり、ローンが組めるかどうかは「信用情報機関」に登録されるかどうかにかかっています。これは住宅・車その他のローンにかかわらず同じ仕組みになっています。

他にも、新たにクレジットカードを発行する、貸金業者から借入をするといった場合に信用情報機関の情報は利用されます。

過払い金請求をしてローンが組める場合・組めない場合

過払い金請求をしてローンが組める場合

借金を完済している場合、過払い金請求をしても信用情報機関に事故情報が登録されることはありません。過払い金請求は法的に認められた手続きで、借金を減額することもないためです。 したがって、完済していれば、過払い金請求をおこなっても基本的にローンには影響しません。

また、返済中に過払い金請求をおこなう際、過払い金で残りの借金を全て返済できるならば、信用情報機関に情報が登録されません。

ただし、この場合は、過払い金で残りの支払いがおこなわれるまで一時的に信用情報機関に情報が登録されてしまいます。無事に過払い金で完済ができれば、事故情報は取り消されるので安心してください。事故情報が取り消された後であれば、その後のローン審査に影響することはありません。

過払い金請求をしてローンが組めない場合

過払い金請求をしたことで信用情報機関に情報が登録されるのは、返済中の過払い金請求をおこなって、 過払い金で借金が完済できなかった場合です。

過払い金を充てても残りの借入を返済できなかった場合、過払い金請求ではなく「返済ができずに任意整理をおこなった」とみなされてしまいます。そのため、信用情報機関に事故情報が登録されてしまい、ローンを組むことができなくなってしまいます。

過払い金請求の注意点

  1. クレジットカードのショッピング枠に残高が残らないか

  2. 信用情報機関とは別に「社内ブラック」があることも考慮する

  3. 賃金業者が保証業務をおこなっていないかどうか

過払い金請求後にローンを組みたい場合、上記の3つの注意点を押さえておく必要があります。

クレジットカードのショッピング枠に残高が残らないか

過払い金は、クレジットカードの「キャッシング枠」を利用して、お金を借りた場合にも発生していることがあります。

クレジットカードには、「ショッピング枠」「キャッシング枠」があります。このうち、過払い金請求ができるのが「キャッシング枠」のみです。「キャッシング枠」でお金を借りた時に、利息制限法を超えた金利が設定されていた場合は過払い金請求をすることができます。

ショッピング枠に残高が残るとブラックリストに登録されてしまう

ショッピング枠の残高がある状態で過払い金請求をおこなう場合、クレジットカードが解約されるので、 過払い金とショッピング枠の残高が相殺されてしまいます。 したがって、ショッピング枠の残高が過払い金よりも多いと、借金が残ってしまうので、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。

クレジットカードの過払い金請求をする際は、ショッピング枠に残高があるか、ある場合は過払い金で返済することができるのか、事前に計算して確認することが必要です。

社内ブラックに登録されていないかどうか

貸金業者や金融機関には「社内ブラック」があることも

貸金業者や金融業者の中には「社内ブラック」が存在している場合があります。 「社内ブラック」とは、貸金業者や金融業者の社内独自のリストに信用情報が登録されてしまうことを指します。

信用情報機関に情報が登録されていなくても、社内ブラックになっているとクレジットカードの作成やローンの審査が通らないことがあります。社内ブラックは信用情報機関とは異なり、情報が削除されるということがないため、半永久的に情報が残ってしまいます。

過払い金請求先の業者や関連業者の場合ローンは組めない

過払い金を請求した業者やそのグループ会社にローンを申請した場合、ローンを組むことができない可能性があります。

基本的に過払い金請求した貸金業者やクレジットカード会社はその後利用できなくなります。また、グループ会社では、 「以前過払い金請求をした人」という情報が共有されている場合があるので、ローンの審査に影響が出てしまう可能性があります。

ただし、今まで返済に遅れがない優良顧客で、完済後に過払い金請求をおこなった場合は、再度契約ができる貸金業者やクレジットカード会社もあります。

このように、貸金業者やクレジットカード会社によって再度契約するかどうかは判断が異なります。

賃金業者が保証業務をおこなっていないかどうか

貸金業者の中には、銀行ローンの保証業務をおこなっている貸金業者もあります。
例えば、アコムは三菱UFJ銀行などの保証業務をおこなっています。

銀行ローンの保証業務をおこなっている貸金業者に過払い金が発生しており、同時にその銀行のローンを利用している場合は、過払い金請求がスムーズにできないことがあります。

過払い金請求先の貸金業者には、過払い金の返還義務があるのと同時に、銀行ローンの事前請求権があります。問題なくローンが返済されていれば時に気にする必要はありませんが、銀行ローンの遅延や延滞があった際、貸金業者が過払い金とローンの返済額の相殺を主張することがあります。その時、返済額が過払い金と相殺できない場合、信用情報機関に情報が登録されてしまいます。

まとめ

基本的に過払い金請求をしてもローンは組めます。ただし、場合によって組めなくなってしまう可能性もあります。

ローンが組めるのかどうか、「自分じゃなかなか判断できない」と感じた場合は、専門家に相談することが大切です。無理に過払い金請求をおこなってしまうとブラックリストに載ってしまった」 「ローンを組むことができなかった」ということになってしまいかねません。

過払い金請求に詳しい経験豊富な司法書士が迅速に対応いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事