知らないと損する過払い金請求のリスクと回避する方法

知らないと損する過払い金請求のリスクと回避する方法

「過払い金請求したいけど職場にバレたくない」
「過払い金請求したらローン組めなくなるんじゃないの?」

過払い金請求したいけどリスクが不安で、踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

過払い金請求は基本的にリスクやデメリットなく、払いすぎた利息を取り返すことができ、取り戻したお金は生活費や趣味など自由に使うことができます

場合によってはリスクやデメリットがある可能性もありますが、知っていれば回避できるリスクやデメリットがほとんどです。

むしろ、過払い金請求には時効があるため「リスクを恐れて行動しないうちに過払い金の時効が過ぎてしまった」となってしまう方がリスクになります。

過払い金請求で起こりうるリスクの回避方法を知り、不安をなくして過払い金請求に踏み出しましょう。

不安に感じる過払い金請求時のリスク

ブラックリストに載るリスク

「過払い金請求するとブラックリストに載ってしまうのではないか」と心配される方が多くいますが、過払い金請求とは「払いすぎた利息を取り戻す」だけなので、完済した借金であれば、ブラックリストには載りません

返済中の過払い金請求はブラックリストに載るリスクがある

返済中の過払い金請求の場合、借り入れの額によってはブラックリストに載る可能性があります。

返済中の過払い金請求は、取り戻したお金を借金の返済にあてることになり、完済できればブラックリストには載らないのですが、完済できなかった場合はブラックリストに載ってしまいます

返済中の過払い金請求でブラックリストに載るかは「取り戻した金額で残りの借金を完済できるか」で決まるため事前に正しく計算しておくことが重要です。

司法書士や弁護士に相談すれば、過払い金請求する前に取り返せる金額を正確に計算してもらえるので、ブラックリストに載るリスクを回避することができます

返済中の借金の過払い金請求について詳しくみる
返済中の借金に発生している過払い金を請求するメリット・デメリット

住宅ローンに悪影響が出るリスク

返済中の借金の過払い金請求をおこない、借金が完済できなかった場合、ブラックリストに載るため今後の住宅ローンの審査に影響がでてしまいますが、現在契約している住宅ローンには影響がありません

完済した借金の過払い金請求や、返済中でも返ってきたお金で借金が完済できればブラックリストには載らないため、今後の住宅ローンへの影響を心配することなく過払い金請求ができます

過払い金請求のローンへの影響について詳しくみる
過払い金請求でカーローンや住宅ローンが組めないのか徹底解説

過払い金請求後に個人再生や自己破産をおこなう場合は影響が出る

借金をしていて債務整理が必要な状態で、過払い金請求だけをおこなうと個人再生や自己破産をおこなう際に、影響がでる恐れがあります

自己破産では、過払い金は本来債権者に配当すべき財産になりますが、事前に過払い金請求をおこない返ってきたお金を全て使い切ってしまった場合、債権者が受けられるはずだった配当がなくなってしまいます。

場合によっては借金の支払い義務を免除される免責が受けられなくなる可能性があります

個人再生でも同様に、過払い金を使ったことが債権者に不利益を与えるとみなされると個人再生でのハードルが上がり借金が減らない可能性があります。

個人再生や自己破産を検討していて過払い金請求を考えている場合は、事前に司法書士や弁護士に相談するとよいでしょう。

仕事に悪影響が出るリスク

過払い金請求をおこなっても職場にバレることは一切なく、転職や就職に影響することもありません。過払い金は税務申告が必要ないため、確定申告でバレてしまうという心配もないです。

家族にバレるリスク

自分で過払い金請求をおこなうと、直接貸金業者とやり取りをすることになり、貸金業者だとわかる郵便物が届いたり、電話やメールなどで連絡が来ることで家族にバレるリスクが高くなります。

過払い金請求は基本的に話し合いで行われますが、話がまとまらない場合は裁判を起こすことになり、裁判所から郵便物が届くようになるのでバレるリスクが高まります。

司法書士や弁護士に依頼をすれば、家族にバレるリスクを抑えることができます

司法書士や弁護士に依頼すると、貸金業者に「過払い金請求手続きを受任したこと」を伝える受任通知が送付されるため、貸金業者から直接連絡がこなくなり、貸金業者からの連絡で家族にバレるのを防ぐことができます。

また、司法書士や弁護士から連絡が必要な場合でも、連絡の時間帯や郵便物の差出人の名前などを配慮してもらえるため家族にバレるリスクを抑えることができます

ただし、過払い金請求に慣れていない司法書士や弁護士に依頼すると、郵便物の差出人に事務所名が入れられていたり、不在のタイミングで職場や家に電話してきて家族や職場にバレる恐れがあります。

過払い金請求は自分でおこなうよりも実績があり、信頼できる司法書士や弁護士に依頼した方がバレるリスクを大きく減らすことができます。

過払い金請求を司法書士に依頼するメリットについて詳しくみる
過払い金請求を司法書士に依頼する5つのメリットと事務所の選び方

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

クレジットカードが利用できなくなるリスク

返済中の借金の過払い金請求をおこない、返ってきたお金で借金が完済できない場合、ブラックリストに載ってしまうためカードの利用ができなくなってしまいます。

過払い金請求をおこなうと、請求先の貸金業者のクレジットカードは利用できなくなりますが、ブラックリストに載らなければ、ほかの会社のクレジットカードは利用でき、審査への影響もありません

クレジットカードの過払い金請求について詳しくみる
クレジットカードのキャッシングで過払い金が発生するケースを紹介

請求先の貸金業者を利用できなくなるリスク

過払い金請求をおこなった貸金業者のカードは基本的に解約になります
ただし、絶対に利用できないわけではありません。貸金業者によっては、利用時に滞納せずに返済していれば再度契約できる可能性もあります。

生活保護を受けている時の過払い金請求のリスク

生活保護を受けている場合でも過払い金の請求をおこなうことはできますが、返ってきたお金が手元に残らない可能性があります

生活保護費は生活に困窮している方に対し、最低限度の生活を保障するために支払われています。過払い金は所得とみなされるので、生活保護費を超える金額は福祉事務所に返すか、受給を停止する必要があります。

たとえば1ヶ月の生活保護費が15万円で過払い金が45万だった場合、3ヶ月支給が停止されます。

過払い金が返ってきたことを福祉事務所に報告しなければ生活保護費の不正受給に該当する恐れがあります。

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

過払い金が回収できなくなるリスク

過払い金の時効が成立すると取り戻せなくなる

過払い金には時効があり、最後の取引より10年を超えると過払い金請求ができなくなります
過払い金を回収できなくなるリスクを避けるためには、できるだけ早めに請求するようにしましょう。

過払い金の時効や期限について詳しくみる
過払い金請求ができるのはいつまで?気になる期限や時効について解説

貸金業者が倒産すると過払い金が取り戻せなくなる

貸金業者が倒産してしまった場合も過払い金を取り戻すことができなくなります

過払い金請求の増加により、倒産した貸金業者が多数あります。消費者金融大手だった武富士が倒産したように、大手貸金業者でも常に倒産する可能性があるため、早めに過払い金請求の手続きをすることが大切です。

下記が倒産してしまった貸金業者の一覧です。

  • アエル(2008年倒産)
  • オークス(2008年倒産)
  • SFCG(2009年倒産)
  • マキコーポレーション(2009年倒産)
  • 武富士(2010年倒産)
  • SFコーポレーション(2011年倒産)
  • 丸和商事(2011年倒産)
  • クラヴィス(2012年倒産)
  • NISグループ(2012年倒産)
  • クロスシード(2014年倒産)
  • 栄光(2016年倒産)
  • ネットカード(2017年倒産)
  • 連専(2018年倒産)
  • 千代田信用(2019年破産開始決定)

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求を自分でおこなうリスク

過払い金の請求は司法書士や弁護士に依頼して手続きをおこなうことが多いですが、自分でおこなうこともできます。ただし、自分でおこなう場合リスクがあります

取り戻す過払い金が減ってしまう可能性がある

取引履歴を請求時に「過払い金請求する」ことを伝えてしまう

過払い金請求をおこなうには取引履歴という「顧客と貸金業者でおこなわれた返済や貸し付けの経過などが書いてある書類」が必要となります。

しかし、貸金業者から取引履歴を請求する際に、過払い金請求することを伝えてしまうと「過払い金があるとわかっていながら返済を続けた」と主張されてしまい、過払い金が返ってこないもしくは金額が少なくなる恐れがあります

もし取引履歴を取り寄せる際に、目的を聞かれたら「返済状況を見直すため」などと答えておけば大丈夫です。

引き直し計算でミスをしてしまう

引き直し計算とは、取引履歴をもとに「過払い金がどれくらい発生しているのか」を計算するもので、複雑な計算が必要となるため自分でやるとミスが起こりやすいです。

引き直し計算でミスをしてしまうと、取り返せる過払い金が少なくなるだけでなく「金額が違うため支払えない」といわれ返ってこない場合があります

返済中の過払い金請求の場合、過払い金を借金の返済にあてることになりますが、完済できないとブラックリストに載ってしまいます。

借金よりも取り返せるお金の方が多いから、完済できてブラックリストに載ることはないと思い請求しても、自分で計算した場合だと計算ミスをしていてブラックリストに載ってしまう可能性があります。

対等な交渉ができない

自分で過払い金請求をおこなう場合、交渉も自分でおこなわなければいけません。過払い金請求で100%の金額が返ってくることは基本的になく、交渉で金額が増減します

司法書士や弁護士に依頼すれば経験や知識をもとに交渉をし、最大限過払い金を取り返すことができます。

しかし、自分で過払い金請求をおこなうと経験や専門的な知識がないため、貸金業者に足元を見られやすく、取り返せる過払い金が少なくなる可能性があります

家族にバレる可能性が高い

自分で過払い金請求をおこなう場合、家族にバレる可能性が高いです
差出人に貸金業者名が書かれた郵便が自宅に届いたり、不在のときに電話がかかってきて家族が出てしまうなど家族に借金をしていたことが貸金業者からの連絡によってバレてしまう恐れがあります。

過払い金請求・債務整理の専門家みどり法務事務所

\選ばれる理由がある/

みどり法務事務所は、家族や職場に内緒にしたいという相談者の都合に合わせた親切丁寧な対応により、過払い返還額累積90億円超えの実績ある事務所です。

土日も9時から19時まで受付中。相談料・初期費用は無料です。借金のお困り事は、過払い金請求・債務整理の専門家へ。

みどり法務事務所のサイトを見てみる

リスクを回避して過払い金請求する方法

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼することでリスクを回避できる

自分で過払い金請求をする場合、計算ミスをしたり交渉がうまくいかずに過払い金が少なくなる可能性があります。貸金業者と直接やりとりをする必要があるため、自宅に連絡がきて家族にバレるリスクも高まります。

また、過払い金請求をおこなった経験がないと手続きに時間がかかりやすく、時効間際の場合は、過払い金を取り返せなくなるというリスクがあります。

司法書士や弁護士に依頼すれば、計算から交渉まで全てを依頼することができ、迅速に過払い金請求の手続きをおこなうことができます
貸金業者との連絡も全て司法書士や弁護士にいき、家族にバレるリスクも最小限に抑えることが可能です。

依頼費用はかかりますが、自分で過払い金請求するよりも多く過払い金を取り戻すことができ、結果的に多くのお金を手元に残すことができます

失敗しない事務所の選び方

司法書士や弁護士に依頼することでリスクを避けることができますが、事務所選びに失敗すると取り戻せる過払い金が少なくなるリスクがありますので、過払い金請求に強い事務所の選び方を知っておくことが大切です。

悪徳事務所に依頼しないようにする

事務所の中には悪徳な事務所があり、司法書士や弁護士が過払い金を着服したり、相談の際には聞いていなかった費用が請求されてしまうなどの恐れがあります。悪徳事務所に依頼してしてしまうと取り戻せる過払い金が少なくなってしまいます

経験の少ない事務所に依頼すると過払い金が少なくなる可能性がある

司法書士や弁護士には専門分野というものがあり、過払い金請求に特化していない事務所に依頼してしまうと、「貸金業者との交渉力がない」「経験がない」などの理由から返ってくる過払い金が少なくなってしまう恐れがあります

費用だけで選ばずに実績を見て選ぶことが重要

事務所を選ぶ際に費用も大切ですが、費用だけで選んでしまうと悪徳事務所や経験の少ない事務所を選んでしまう可能性があります。
過払い金を多く取り戻すためには、貸金業者との交渉力が重要になりますので、費用だけでなく実績や経験が豊富にあるかみることも大切です

過払い金請求のメリット・デメリットについて詳しくみる
過払い金請求のデメリットを徹底解説、メリットを最大化させるには

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

無料相談を利用すればリスクやデメリットを聞いた上で依頼ができる

過払い金請求をおこなうメリットは大きく、完済した借金の過払い金請求であればデメリットはほとんどありません

「借金が家族にバレる」「事項が成立して過払い金が取り返せない」「手続きでミスがあると取り返せる過払い金が少なくなる」といったリスクが発生することがありますが、司法書士や弁護士に依頼することでリスクやデメリットを回避することができます

司法書士や弁護士事務所では無料相談をおこなっており、返済状況や家族構成など丁寧にヒアリングしたうえで、手続き後に発生する影響などを丁寧に説明してくれます。

もし、メリットが大きいことがわかっていても、どうしてもリスクやデメリットが気になって過払い金請求に踏み出せない方は、無料相談を利用してみてはいかがでしょうか。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事