クレジットカードのキャッシングで過払い金が発生するケースを紹介

クレジットカードのキャッシングで過払い金が発生するケースを紹介

過払い金請求は消費者金融からお金を借りた時にしか発生しないというイメージがありませんか?

確かに、テレビやCMでよく目にする過払い金の対象は、プロミスやアコムなどの消費者金融との取引です。 しかし、実は、消費者金融だけでなく、クレジットカードでの取引でも過払い金が発生していることがあります。

クレジットカードにはお金を借りることができる「キャッシング枠」というものがあります。キャッシング枠でお金を借りる際、消費者金融との取引と同じように、違法な金利が設定されていることがありました。 そのため、クレジットカードの借入でも過払い金が発生していることがあります。

今回は、クレジットカードに過払い金が発生しているのはどんな時なのか、クレジットカードの過払い金請求の注意点やデメリットとは何か、クレジットカードの過払い金請求について、解説します。

そもそも過払い金とは

クレジットカードの過払い金請求を説明する前に、過払い金とは何か説明します。

「過払い金」とは、違法な金利によって返済し過ぎてしまっていたお金のことを指しています。この違法な金利のことを一般的に「グレーゾーン金利」と呼びます。

グレーゾーン金利が発生してしまった背景には、利息制限法と出資法という2つの法律があります。 借金に対する利息の上限は、利息制限法と出資法という2つの法律で定められています。 利息制限法で定められた上限金利は最大で年20%でした。 ところが、2010年6月18日に施行された貸金業法及び出資法の改正まで、出資法で定められた上限金利は最大で年29.2%となっていました。

このように、利息制限法と出資法で上限金利に差がありました。一定条件を満たせば利息制限法の上限を超えた金利が認められていたため、多くの貸金業者で利息制限法を超えた金利が採用されていました。これをみなし弁済といいます。

しかし、2006年01月13日最高裁にて、みなし弁済の有効性が否定されたことで過払い金請求がおこなわれるようになりました。

クレジットカードで過払い金請求ができるのは「キャッシング枠」のみ

クレジットカードには2つの利用枠がある

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という2つの利用枠があります。

ショッピング枠とは、クレジットカードで買い物や飲食の支払いをおこなうことができる限度額のことです。クレジットカード会社に支払いを立て替えてもらい、後日使用した金額をクレジットカードへ支払います。

一方、キャッシング枠というのは、クレジットカードを使ってお金を借りることができる限度額です。限度額内であれば、自分の好きなタイミングでクレジットカード会社からお金を借りることができます。

このようにクレジットカードには、全く異なる2つの利用枠があります。

過払い金が問題となるのは「キャッシング枠」

クレジットカードの利用で過払い金が発生するのは「キャッシング枠」のみです。 キャッシング枠でお金を借りたとき、貸金業者から借りた時と同じように金利が発生します。その際、金利が利息制限法の上限を超えた金利だった場合、クレジットカードにも過払金が発しているのです。

2007年〜2008年以前にキャッシング枠でお金を借りて返済した人は、過払い金請求をできる可能性があります。 もし、2007年〜2008年以前キャッシング枠を利用したという方は、専門家にまずはご相談ください。過払い金があるのか調査いたします。

ショッピング枠では過払い金請求ができない

一方、ショッピング枠では過払い金は発生しません。 クレジットカードのショッピング枠を買い物などで利用した場合は、クレジットカード会社にお金を立て替えてもらうという形になります。そのため、クレジットカードへ支払うお金は「借金」ではなく「立替金」になります。

買い物代金とは別にクレジットカード会社に支払うお金は、立替金なので「利息」ではなく「分割手数料」になります。 過払い金は、違法な金利が原因で払い過ぎてしまったお金の事を指しています。そのため、ショッピング利用による手数料は過払い金になりません。

クレジットカードの過払い金請求ができる条件

クレジットカードの過払い金請求ができるのは、キャッシング枠でお金を借りていた場合のみです。しかし、全ての人が過払い金請求をできるわけではありません。

過払い金請求ができる人には条件があります。

過払い金が発生している可能性が高いクレジットカード会社から借りている

クレジットカード会社および信販会社のうち、上限金利を超えた貸付をおこなっていた会社としては、 ・三菱UFJニコス(旧日本信販) ・クレディセゾン(セゾンカード) ・セディナ(旧セントラルファイナンス、OMCカード、クオーク) ・イオンクレジットサービス(イオンカード) ・オリエントコーポレーション ・アプラス ・ライフカード ・エポスカード(マルイカード) ・ジャックス などがあります。

上記のクレジットカード会社からお金を借りている人は、過払い金が発生している可能性が高いです。

2007年〜2008年以前に借入をしている

過払い金が発生しているのは、2007年〜2008年以前に借入をしている場合です。

2010年、法改正によって出資法の上限金利が利息制限法と同じ上限にまで引き下げられました。 しかし、法改正以前から自主規制の形で上限金利を利息制限法の上限である20%以下に設定し直した貸金業者もあります。そのため、過払い金が発生している可能性が高いのは2007年〜2008年以前に借入をおこなっていた場合です。

過払い金発生の有無を確かめるためには、キャッシングを利用していた時期、借入していた利率を調べるのが一番です。利息制限法の上限金利は ・元本の金額が10万円未満のとき20.0% ・元本の金額が10万円以上から100万円未満のとき18.0% ・元本の金額が100万円以上のとき15.0% です。

過去にこれより高い金利で借りていた場合は回収できる可能性があります。

キャッシングをリボ払いで返済していた場合も過払い金請求できる

リボ払いは、月々一定金額を返済する方式です。リボ払いも過払い金請求の対象になります。

リボ払いは返済額が一定で返済しやすいメリットがあります。しかし、ほとんどが利息分の返済にあてられてしまうので、返済が長期化しやすくなるというデメリットがあります。

過払い金は、グレーゾン金利によって払い過ぎてしまっていたお金です。請求するのに返済方法は関係ありません。リボ払いでも、分割払いでもお金を借りた際、グレーゾーン金利が発生していれば過払い金請求をすることができます。

むしろ、リボ払いの場合、借入額が増えやすく、利子負担が大きくなる傾向があるので、より多くの過払い金が発生している可能性があります。

クレジットカードの過払い金請求ができないケース

クレジットカードで過払い金請求ができないケースもあります。

2008年以降にキャッシングしていたケース

グレーゾーン金利が問題になり注目され始めたことから、2008年以降は利息制限法の範囲内での利率になっています。 利息制限法の範囲内での利率、つまり、法定利息での貸付の場合は過払い金が発生していません。

法改正後、グレーゾーン金利は違法となったため、利息制限法を超えて貸し出しているクレジットカード会社はありません。現在において違法金利で融資している業者があるとすれば悪徳業者だけです。

法定利息で貸付をおこなっていたケース

2007年〜2008年以前から借入をしていても、クレジットカード会社が利息制限法の範囲内の金利を設定していた場合、過払い金は発生しません。

利息制限法では金利の上限が ・10万円未満の取引だと20.0% ・10万円~100万円未満だと18.0% ・100万円以上だと15.0% となっています。この範囲内で利率が設定されている場合は過払い金請求できません。

クレジットカード会社が倒産しているケース

過払い金請求をしたいクレジットカード会社が倒産してしまうと、回収手続きができなくなってしまう場合があります。過払い金のあるクレジットカード会社が倒産すると、「配当金」という形で過払金を受け取ることになります。

しかし、配当金は債権者全員に平等に分配されるものなので、発生している過払い金よりも少なくなってしまう可能性が高いです。

過払い金請求が消滅時効を迎えているケース

過払い金請求には消滅時効という制度があります。最後に返済した日から10年経ってしまうと過払い金請求ができなくなってしまいます。クレジットカード会社への過払い金請求にも消滅時効があるので、最後に返済した日から10年経っている場合は基本的に過払金請求できません。

しかし、場合によっては過払い金請求ができる場合もあります。 詳しくはこちらの記事をご参考ください。 【過払い金請求には期限がある?消滅時効や時効後の手続き方法とは】

クレジットカード会社への過払い金請求の2つの注意点

過払い金が発生していれば、クレジットカード会社へ過払い金請求をすることができます。しかし、クレジットカード会社へ過払い金請求をするときには注意しておかなければいけないことがあります。

過払い金請求したクレジットカード会社のカードは利用できなくなる

過払い金請求すると、その会社のクレジットカードは利用しにくくなってしまいます。

過払い金請求先のクレジットカードを使い続けるとショッピング利用の残高が確定できません。クレジットカードの過払い金請求では、ショッピング利用の残高がある場合、まず、ショッピング利用の支払いに過払い金が充てられます。

ただし、過払い金請求先のクレジットカードを使い続けると残高が確定できず、過払い金の和解交渉が進められません。一旦クレジットカードの使用をやめるか、別の業者のクレジットカードを使う可能性が高くなります。

この時、過払い金請求をしたカード会社と関連性がない会社に申し込みましょう。過払い金請求をしたカード会社と関連性があると社内ブラックに該当してしまうので、審査で落とされてしまう可能性が大きいです。

ショッピング枠で残高がないかどうか確認する

ショッピング枠の支払いが残っている状態で過払い金請求をおこなった際、返還されたお金をあてても完済できないとブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストに登録されるとは、返済能力に問題がある人として信用情報機関に事故情報が登録されることを指しています。情報が登録されると、お金を借りられなくなる、クレジットカードの発行ができなくなる、住宅ローンやカーローンが組めなくなるということが起こってしまいます。

過払い金請求でカーローンや住宅ローンが組めないのか徹底解説

まとめ

クレジットカードのキャッシング利用していた方は、一定の条件を満たすと過払い金請求ができます。 2007年〜2008年以前から借入をしている人に、過払い金が発生している可能性が高いクレジットカード会社から借りている場合は過払い金が発生している場合があります。

しかし、ショッピング枠で利用していた場合は過払い金が発生していないので、過払い金請求をすることができません。

消費者金融およびクレジットカード会社への過払金請求を専門におこなっている専門家もおります。

「クレジットカードでは過払い金請求ができないのではないか」と思わず、キャッシング枠でお金を借りていた方はぜひご相談ください

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事