キャッシングを利用した時に発生している過払い金を請求するには

キャッシングを利用した時に発生している過払い金を請求するには

キャッシングを利用したことがある方には、「過払い金」が発生している可能性があります。

「過払い金」とは、違法な金利によって払い過ぎてしまった利息分のことを指します。
キャッシングを利用した時に過払い金が発生している場合、過払い金請求をして過払い金を取り戻すことができます。 ここでは、キャッシング利用者の過払い金請求について詳しく解説します。

「以前キャッシングを利用していた」 「高い金利で返済をしていた」 という方は過払い金が発生している可能性が高いのでぜひ専門家にご相談ください。

そもそもキャッシングとは何か

キャッシングとは、ATMやCD(キャッシュディスペンサー)などの無人機でお金を借入するサービスです。上限金額以内なら自由に借入が行えるという特徴があります。

  • クレジットカードを利用したキャッシングサービス
  • カードローンのキャッシングサービス

の2つがあります。

キャッシングを利用していた人の中で過払い金請求できる人とは

クレジットカードやカードローンのキャッシングを利用していた人の中でも、過払い金が発生しているのは、

  • 違法な金利でキャッシングサービスを利用していた
  • 2007年から2008年以前にキャッシングを利用していた

という条件に当てはまる人のみになります。

キャッシングを利用していても2007年から2008年以降に借入をおこなっていた場合や、金利が法の範囲内であった場合は過払い金が発生していないので、過払い金請求をすることはできません。

「いつキャッシングを利用していたのか忘れてしまった」
「金利がどのくらいなのか、違法かどうかなのか分からない」

違法な金利でキャッシングサービスを利用していた

違法な金利とは、「グレーゾーン金利」のことです。
グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の上限金利の差のことを指しています。

利息制限法では、

  • 借入金額が10万円未満・・・上限金利は20%
  • 借入金額が10万円以上100万円未満・・・上限金利は18%
  • 借入金額が100万円以上・・・上限金利は15%

というように定められています。

しかし、法改正が行われる前の出資法では上限金利が29.2%と定められていました。 この金利の差がグレーゾーン金利です。 キャッシングサービスを利用していた際の金利がグレーゾーン金利に該当する場合、過払い金が発生しています。

2007年から2008年以前にキャッシングを利用していた

2010年6月に法改正がおこなわれ、グレーゾーン金利は廃止されました。
しかし、それより少し前の2006年に最高裁判所で「出資法と利息制限法の上限金利の差であるグレーゾーン金利は違法である」という判決が出ました。

そのため、判決を機に自主的に金利の引き下げをおこなった貸金業者やクレジットカード会社も多く、2008年以降のキャッシング利用では過払い金が発生する可能性が低くなっています。

よって、過払い金が発生する可能性が高いのは、2007年から2008年以前にキャッシングを利用していた方になります。

キャッシングの完済・返済中にかかわらず過払い金請求をおこなうことができる

キャッシングの過払い金請求をおこなう際、基本的に返済している途中か完済しているかどうかに関わらず、過払い金請求の手続きをすることができます。

ただし、返済している途中か完済しているかによってリスクが異なるため、それぞれのケースに分けて解説します。

返済途中に過払い金請求を場合

返済途中の過払い金請求のポイントは「過払い金で残りの借金を完済できるかどうか」にあります。返済中の過払い金請求では、過払い金は残りの借金の返済にあてられます。

借金を完済できる場合、ブラックリストに載ってしまうのは、過払い金請求の手続きが終わるまでの期間です。過払い金請求の手続きが終わり、借金が完済できればブラックリストに情報が残ることはありません。

一方、借金を完済できない場合、「ブラックリストに載ってしまう」リスクがあります。

過払い金を取り戻しても残りが完済できなかった場合、貸金業者と借金減額の交渉をおこなったとみなされ債務整理の1つである任意整理扱いとなります。よって、完済できない場合はブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載るとは?

ブラックリストに載るとは、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことを指しており、延滞・債務整理・代位弁済・強制解約のいずれかをおこなった場合に載ってしまいます。

ブラックリストに載るとクレジットカードやローンの審査に影響が出ます。

ブラックリストに載ることより過払金請求を優先すべき

ブラックリストは必要以上に恐れることはありません。 クレジットカードの審査に影響が出てしまうものの、クレジットカードを使うのではなくデビットカードや家族カードを使えば不都合が起こることはありません。

また、ブラックリストに載るとローンの審査にも影響が出てしまいますが、ローンを利用しなければ生活にも支障がありません。何よりもブラックリストの情報は一定期間が過ぎれば削除されます。

ブラックリストのリスクを考えるよりも、借金が減らせるという大きなメリットがあるので、キャッシング利用で過払い金が発生しているなら手続きをおこないましょう。

すでに借入分を完済している場合

完済している場合、基本的にリスクなく過払い金請求をおこなうことができます。

ただし、過払い金請求には「消滅時効」というものがあり、一定期間が過ぎると過払い金請求ができなくなってしまいます。 消滅時効は「「最後に取引した日から10年」です。つまり、最後に借入した日や返済した日から10年ということになります。

完済している人は時効が目前に迫っていることが多いのでなるべく早く過払い金請求をおこないましょう。

キャシングの過払い金請求は専門家に依頼するのが良い

基本的に過払い金請求の手続きは専門家に依頼するのが望ましいです。

専門家は過払い金請求の交渉に強いため、多くの過払い金を取り戻すことができるようになります。また、すべての手続きをお任せすることができるので、自分の時間をかけずに過払い金請求ができます。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事